FC2ブログ

ウインカーバルブのLED化

ずーっとすべての点灯部分のLED化を考えてまして、納車後すぐにヘッドライトとテールランプ・ナンバー灯は前のGSR250の時から使っていたLEDバルブを使いすぐにLEDにしました。
あとは前後のウインカーなのですが、フロントはポジジョン兼用のBAY15D でリアはウインカーのBA15SでLED化にはウインカーリレーをLED対応に交換しないといけません。
リレーを交換しないとウインカーがハイフラになり高速点滅してしまいます。
いろいろと模索しましたがリアウインカーのBA15Sを交換しました。
省電力とLEDウインカーの「パッパッ」と光るのが魅力です。
さっき書いたとおりウインカー類をLEDにするのには基本ウインカーリレーをLED対応に交換します。そうしないとハイフラ状態で点滅することとなります。
しかし400Xのウインカーリレーはサイドパネルを外して(ずらして)タンクを持ち上げてその下の電装品のさらに下にあるので、交換がちょっと大変なんです。
もちろんLED用のウインカーリレーは持っています。が、大変なのはイヤです。

ウインカーリレーを変えなくてもいいようにハイフラ対策のユニットが内蔵されたLEDバルブが
ハイフラ対策なしのバルブとあまり変わらない価格に下がって来ましたので、それを買いました。
Amazonで2個で二千数百円です。

20180831191726a5b.jpg

これAmazonのレビューに書いてあったとおりめっちゃ明るくてやばいです。
後ろの車は目潰しです。

もともと交換してあったクリアウインカーレンズのバルブ色写りもいい具合です。

20180831191912d4c.jpg

しかし本当に明るいです。

フロントウインカーはポジションランプ付のBAY15Dですが、この規格はバイク用がほとんどで(自動車はウインカーとポジションは別のランプが基本ですので)、LED品が少なく
あってもポジションが白色で嫌なので見送りました。
フロントは今のままクリアウインカーレンズにょままにします。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR