スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジションランプの色変更

ポジションランプを白に変えました。

青  オレンジ  白で白が一番良さそうでした。

写真だとLEDヘッドライトとポジションランプとも青く写りますね。

スポンサーサイト

USB電源・ヘルメットホルダー・ドライブレコーダー

まとめて紹介します。

USB電源はアマゾンの二連式

ヘルメットホルダーはST250から使っているチョイノリ用のスズキ純正ヘルメットホルダーです。

ドライブレコーダーはアマゾンのGO PROもどきの安いのです。

自主運用ETC

前から使っていた軽自動車登録の通称自主運用のETCを付けました。

アンテナは右カウルのネジに加工したステーを付けて防水対策としてジップロックを二重に被せました。

配線はETC・USB電源・ドライブレコーダーを取り回してこんな感じです。

アースは左の車体アースに共締めしました。

シート下に区画のあるスペースがあり配線類はそこに押し込みました。

レバー交換

400Xは現行モデルにはブレーキレバーの調節があるのですが初期型はありません。

GSR250はブレーキレバーのアジャスターがありましたので残念です。

自分は手が小さいのと400Xのレバーが遠目に離れているので、調節出来るレバーに交換しました。

ブレーキレバーは外すときにアクセル部分に干渉するのでアクセルワイヤーを緩めて上にあげてビスを外します。

交換しましたが、グリップのスジが指に当たって痛いのと品質が良くないので買い替えます。

--------------------------------------------------------------------------------------------

さっそく買い替えました。

カナヤのレバーです。

スタンダードのロングレバーだと173mmで純正より長くなります。

で、純正と同じ長さと言われるレーシングタイプですとそれより数ミリ短くなるので買いましたが、結局ロングレバーと同じ長さで意味なかったです。

1,000円損しました。

カナヤさんの製品説明は品名ごとに表記が違いわかりにくいですね

加工制度や品質はすごくいいですので説明がおろそかでもったいないです。

400Xのマフラー交換

マフラー交換しました。

マフラーは無限 モリワキ OVER考えましたが安かったwr'sにしました。GSR250のときと同じメーカーです。

材質は、チタンを選択しました。

交換はGSR250のときみたいに二本出しで無いので簡単でした。

ポジションランプのLED化

ヘッドランプのLED化のついでにポジションライトのLED化をしました。

ヘッドライトのバルブを変えるときに外したパネルの奥にポジションランプはあります。

真ん中のコードが見えるとこです。ゴムカバーでハマっているだけですのでこじって外します。

電球はT10ウェッジ球です。

青かオレンジか悩みましたがオレンジにしました。

でも、テールランプといいホンダのウェッジ球のコネクターは緩くてウェッジ球が抜けそうです。

ホンダ 400X ヘッドライトのLED化 変更

いつものようにLEDにします。

400XのヘッドライトはH4バルブですから汎用性がありありがたいです。

しかしGSR250のようにヘッドライトのハウジングにスペースがないので、コントローラーとかの付属が無い方が楽に取り付け出来ます。

GSR250で使ってたLEDバルブはコントローラー別体型なので、一体型のに買い替えました。

一体型で台座が外せられるので防水カバーを切らずに済みそうです。

H4バルブのコネクターがきつくて取るのに苦労しました。

バルブを外すにはすぐ上のパネルを外して防水カバーを取ります。

パネルは真ん中を押すと開放させるピンで2ヶ所止まってて上側がハマっているだけです。

バルブのコネクターは爪があるとか無いとかwebに書いてありましたが、正解は爪は左右にあります。しかし爪は押さえて開放されますが押さえなくてもコネクターをこじって外せます。

最初30分やってもコネクターは外せなく、結局防水カバーをめくってバルブを固定している針金ピンを開放して、バルブとコネクターと防水カバーごと後ろに外してコネクターをこじって外しました。

狭いので手の甲が血だらけになります。

写真では青いですが実際は白です。

400X テールライトのLED化

いつものようにLEDにします。

テールランプはGSR250で使っていたLEDが使えました。

正式な型式はS25  BAY15D  ピン角180° です。

テールランプの電球はナンバーの裏側のパネルを外してアクセスします。

パネルは結構硬いです。

ナンバー灯はT10のウェッジ球です。

リアボックスの取り付け

ボックスはいままで使っていたGIVIとスエーデン製のSHADで悩みましたがあけるときに鍵がいらないSHADにしました。

SH45という45リットルのボックスです。

ボックスを固定するキャリアもホンダ純正やデイトナのマルチウイングキャリアとか悩みましたが、ボックスと同じSHADのH0CX54ST という型式の400Xの海外モデルのCB500X専用のSHADのキャリアです。

ボックスはSHADのSH45というのです。大きくて良さげです。

バックレストもつけました。

バックレストの取り付けビスはどこに穴を開けるかが凹みで記されていて穴開けが楽です。

グラブバーも共存できます。

弊害としてシートロック解除の鍵がちょっと干渉して刺しにくくなります。

キャリアの固定はグラブバーと共締めで、固定のボルトはグラブバーのをそのまま使うようでしたが、キャリアのステーの厚み分5mm長い30mmのボルトに変えました。

カウルの固定のビス2本がSHADの取説だと無視されてたので、ナットをスペーサー代わりにして固定させました。

納車されました。

昨日の3月11日、2015年式のホンダ400X納車されました。

車検はあと一年残ってます。GSR250君(2013年式 走行4500km)は18万円で下取りされました。

HONDA 400Xは、ほぼ一目惚れで昨年秋から探してました。

最初はLEDヘッドランプ&テールランプの2016年式の新車を考えましたが予算オーバー。

中古のいいのをGOO BIKEで探してついにめぐりあいました。

走行距離3239kmの2015年登録です。

この日にしかないノーマル状態の車体です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。