LLC交換しました。

前置きしたとおり、GSR250のロングライフクーラントを交換しました。作業位置が低めで結構大変でした。

買ったのはMonotaROで薄めずにそのまま使えるLLCと廃油パック4.5リットルです。

交換量は1200mlとリザーバータンクが250,mlの計1350mlです。

まず右側のカウルをバラしてラジエーターキャップにアクセス出来るようにします。

右上の金属キャップからLLCを入れるのでひねって外しておきます。

クーラントを抜くのにはドレーンボルトとかは無く下の画像のホースを二本外します。

ホースバンドを緩めてホースをこじって外します。

ホースバンドを緩めるときはバイクはセンタースタンドのがドライバーが掛けやすくてやりやすいです。

ホースバンドを緩めたあとホースを外すときはサイドスタンドにした方がLLCが抜けやすいです。

下に廃油パックを置いてホースを外すとクーラントが出てきます。

ちょっとこぼしちゃいました。

クーラントを抜いたあとは車体を左右に倒してエンジン内に残っているクーラントを抜きます。

クーラントが出なくなったらラジエーターキャップのところから水を流して冷却水のラインを軽くすすぎ洗いします。

その後はクーラントを少し入れてさっきが入れた水を流してからホースを元通りにします。

クーラントをラジエーターキャップの上のところまで入れれば完了です。

いったん満タンになっても車体を左右に揺らすと空気が抜けて水面が下がりますので再度クーラントを満たします。

またエンジンを少し掛けてクーラントを回してエアーを抜きます。

リザーバータンクのクーラントは抜けませんのでボルトを2本外して傾けて抜きます。

抜いたあとは水で軽くすすいでもとにあったとおりに固定をしてからクーラントを規定量まで入れます。

ここのホースを外して抜こうとしましたが固くて抜けれませんでした。

最終確認でスプロケットカバーの8mmのボルトを2本外してウォーターポンプを確認します。

ウォーターポンプの上のボルト(8mm)を緩めてクーラントがダラダラ出てきたら完了です。

泡が出てきたらまだエアーが入っていますので車体を揺らすなりしてエアーを抜きます。

緩めすぎるとこうなります。

走行4133km 購入から3年3ヶ月で交換しました。

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR