スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウインカーポジションキットの取り付け

ウインカーを常時点灯させるキットのウインカーポジションキット(そのものずばりの名前)を付けました。
前のST250E君の時は苦労して別系統でLEDランプを配線して点灯させてましたが、そんなことをしなくてもいい簡単なキットが販売されるようになりました。
理論的には単純なリレーの組み合わせですから簡単にユニット化が出来るのでしょうね
ST250君の時の苦労はこちらです。


購入はヤフオクにて送料込みにて1,200円弱
たくさんの業者がヲクに出品してますが、入札価格が安くても送料1,500円とかいつもの送料詐欺パターンの業者もありますので購入される方は気をつけて下さい。
楽天やamazonでも同様の中華製が安価で販売されております。
購入するときにいろいろ検討しましたが、ヒューズボックスの形状の違いとON・OFFの文字フォントの違いで2種類あるようです。
どちらも製品の説明文は同じようでしたので送料込みでいちばんお得な業者から購入しました。
↓がその説明文です。

winkerposition_bottom.jpg



宅配便ですぐに届きました。



正面です。このオンオフのフォントがこれより大きいのが別の業者で出品されてました。機能の違いはわかりません。


上部です。通風のためのスリットが入ってます。
塞がないようにと注意書きが有りました。




裏側です。平らなので両面テープとかで固定がしやすそうです。



後ろ側です。ユニット自体は防水ではありません。



ヒューズは5Aがついてます。



製造元不明のエレクトロタップが5個と結束バンド2本です。
出品者は結束バンドのことをタイラップと書いてありましたが、無名の中華製バンドでしょう
タイラップとはアメリカのトーマスアンドベッツ社の結束バンドの名前です。



いつものように左右のカウルを外して配線をします。
左側のウインカーは写真の下側の配線(黒)が車両側からのプラスが来ています。
もう一方の配線は黒の白ラインです。(マイナスアース線)



右側です。緑の線がプラスです。


プラス線を切断してギボシで配線をしたらとりあえず中華製の結束バンドで固定しておきます。
最終的にはビニールテープで巻いて固定させます。



こんな感じで配線だらけになりました。


本体はこの場所に両面テープで固定させました。
デンソーのCPUの上です。



テストしましたが最初は点きませんでした。
配線の芯線がたぶん0.5spくらいですごく細くて、ギボシを付けるときに断線させちゃったみたいです。
再度、配線の処理をしてギボシを付け直して完了しました。

これは光量の調整なしの状態です。
ウインカーと同じ光量で常時点灯してます。
これだと明るすぎるので光量を落とします。
調整の仕方は、オンにした状態で5秒以内にON→OFFを5回繰り返す と。
その後に徐々に光量が落ちるので、良い時にユニットのスイッチをOFFにするとその光量が記憶されるようです。




ちょいと暗めに調整しました。


走ってませんが、他車からの視認性も高まって良さげです。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。