タイヤの製造週

中古で買った400X君ですが登録は2015年2月です。

で、タイヤの製造週を見ました。

リアは2014年46週ですから2014年11月後半ですね。

フロントは2014年42週ですから10月下旬から11月上旬の製造ですね。

車体は2015年2月登録ですから結構新しめのタイヤです。

スポンサーサイト

ハンドル位置の変更

400Xに初めて乗ったときにハンドルが遠いなーと第一印象がありました。

ハンドルの角度を変えるとすごくいいポジションになるとネットで知りましたので、本日変えました。

1ノッチ手前にするといいとのことですが、角度変更はハンドルがカチカチと動くわけでないので適当に気持ち手前にしました。

変更はこの12mmのボルトを4本緩めてグイッと動かします。

あまり手前に寄せるとハンドルをいっぱいに切ったときにタンクに干渉しますので、いまはハンドルをいっぱいに切ったときにタンクとの隙間が1センチくらいにしてあります。

ハンドルのポジションが手前になり使いやすくなりました。

-------------------5017.4.9 追記--------------------

ブレーキレバーとクラッチレバーの角度が上側に変わるので、8mmのボルトを緩めて角度を下にしました。

ウインカーのクリア化

オレンジオレンジしたウインカーレンズが許せなかったのでクリアレンズに変えました。

武川  エンデュランス  キジマから発売してますが、400Xのオプションカタログに掲載されているキジマにしました。

電球はクロームにすればクリアレンズにオレンジの映り込みが無いのですが、クロームの銀色の電球は暗い(発色が弱い)印象があるためオレンジ球にしました。

キジマのはオレンジ球仕様しかなく品番は 217-4435 です。

定価は税抜き6,000円というふざけた価格設定です。

NC700S(X)やNC750S(X)と同じレンズです。

タンクのシール剥がし

いつものようにタンクに貼ってあるコーションラベルを剥がしました。

特にポップ体の盗難防止システムと書いてあるシールはデザインが許せなかったです。

厚手のビニール袋に水で濡らしたタオルを入れ電子レンジで熱々にします。

それをシールのところに当ててシールの粘着剤を柔らかくします。

(100V電源が取れればドライヤーで温めるのが簡単です)

温めたら爪やヘラやスクレバーで端からめくって剥がします。

ノリが残りますのでパーツクリーナーで取ってワックスを掛けてキレイにします。

2年経ってますのであとが少し残りました。

ポジションランプの色変更

ポジションランプを白に変えました。

青  オレンジ  白で白が一番良さそうでした。

写真だとLEDヘッドライトとポジションランプとも青く写りますね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR