シフトインジケーターの取り付け

ギヤ表示(シフトインジケーター)が無いのでまぼろしの7速を探してしまう防止のためつけました。

何種類かありますがカプラー接続のみで取り付けが終わるGIproにしました。

購入した品名は

HEALTECH ELECTRONICSヒールテックエレクトロニクス ホンダ GIpro DS-H01ギアインジケーター レッド    カラー

シート下の右側にサービスチェックカプラっていうメクラのコネクターがありそこに接続するだけです。

GIproと同じ赤いコネクターです。キャップを外して接続します。

取り付け場所は悩みましたがメーターの右下にしました。

設定はセンタースタンドがあればその場で出来ますが、無いので実走行で設定しました。

1速から6速まで2キロメートルくらいの直線があれば問題ありません。

スポンサーサイト

藤まつり 愛知

ゴールデンウィークに名古屋から近いところで開催されている藤の花見(藤まつり)に行ってきました。

まずはバイク駐輪場があるのかないのか分からない江南市にある曼陀羅寺公園の藤まつり

事前に江南市の主催者にバイク置き場について問い合わせをしましたが、バイクは自動車と同じ駐車場に駐めて自動車と同じ料金(500円)を払ってくださいと。

で、行きましたけど曼陀羅寺の南正面の右側の駐車場にバイク置き場が作られていて無料でとめられました。

で、翌日の今日(5月4日)、もう一方の津島市の天王川公園の藤まつりに行きました。

こちらは前に行っているので、そのときは駐輪代が無料でしたので確認無しで行きました。

天王川公園の南正面の駐車場に行きましたが、問題なくバイクは係員に誘導され駐車場奥に無料で駐輪できました。

どちらも自動車の駐車場は満車で混雑していてまわりの道路は大渋滞でした。

タイヤの製造週

中古で買った400X君ですが登録は2015年2月です。

で、タイヤの製造週を見ました。

リアは2014年46週ですから2014年11月後半ですね。

フロントは2014年42週ですから10月下旬から11月上旬の製造ですね。

車体は2015年2月登録ですから結構新しめのタイヤです。

ハンドル位置の変更

400Xに初めて乗ったときにハンドルが遠いなーと第一印象がありました。

ハンドルの角度を変えるとすごくいいポジションになるとネットで知りましたので、本日変えました。

1ノッチ手前にするといいとのことですが、角度変更はハンドルがカチカチと動くわけでないので適当に気持ち手前にしました。

変更はこの12mmのボルトを4本緩めてグイッと動かします。

あまり手前に寄せるとハンドルをいっぱいに切ったときにタンクに干渉しますので、いまはハンドルをいっぱいに切ったときにタンクとの隙間が1センチくらいにしてあります。

ハンドルのポジションが手前になり使いやすくなりました。

-------------------5017.4.9 追記--------------------

ブレーキレバーとクラッチレバーの角度が上側に変わるので、8mmのボルトを緩めて角度を下にしました。

ウインカーのクリア化

オレンジオレンジしたウインカーレンズが許せなかったのでクリアレンズに変えました。

武川  エンデュランス  キジマから発売してますが、400Xのオプションカタログに掲載されているキジマにしました。

電球はクロームにすればクリアレンズにオレンジの映り込みが無いのですが、クロームの銀色の電球は暗い(発色が弱い)印象があるためオレンジ球にしました。

キジマのはオレンジ球仕様しかなく品番は 217-4435 です。

定価は税抜き6,000円というふざけた価格設定です。

NC700S(X)やNC750S(X)と同じレンズです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR