レバー交換

400Xは現行モデルにはブレーキレバーの調節があるのですが初期型はありません。

GSR250はブレーキレバーのアジャスターがありましたので残念です。

自分は手が小さいのと400Xのレバーが遠目に離れているので、調節出来るレバーに交換しました。

ブレーキレバーは外すときにアクセル部分に干渉するのでアクセルワイヤーを緩めて上にあげてビスを外します。

交換しましたが、グリップのスジが指に当たって痛いのと品質が良くないので買い替えます。

スポンサーサイト

400Xのマフラー交換

マフラー交換しました。

マフラーは無限 モリワキ OVER考えましたが安かったwr'sにしました。GSR250のときと同じメーカーです。

材質は、チタンを選択しました。

交換はGSR250のときみたいに二本出しで無いので簡単でした。

ポジションランプのLED化

ヘッドランプのLED化のついでにポジションライトのLED化をしました。

ヘッドライトのバルブを変えるときに外したパネルの奥にポジションランプはあります。

真ん中のコードが見えるとこです。ゴムカバーでハマっているだけですのでこじって外します。

電球はT10ウェッジ球です。

青かオレンジか悩みましたがオレンジにしました。

でも、テールランプといいホンダのウェッジ球のコネクターは緩くてウェッジ球が抜けそうです。

ホンダ 400,X ヘッドライトのLED化

いつものようにLEDにします。

400XのヘッドライトはH4バルブですから汎用性がありありがたいです。

しかしGSR250のようにヘッドライトのハウジングにスペースがないので、コントローラーとかの付属が無い方が楽に取り付け出来ます。

GSR250で使ってたLEDバルブはコントローラー別体型なので、一体型のに買い替えました。

一体型で台座が外せられるので防水カバーを切らずに済みそうです。

H4バルブのコネクターがきつくて取るのに苦労しました。

バルブを外すにはすぐ上のパネルを外して防水カバーを取ります。

パネルは真ん中を押すと開放させるピンで2ヶ所止まってて上側がハマっているだけです。

バルブのコネクターは爪があるとか無いとかwebに書いてありましたが、正解は爪は左右にあります。しかし爪は押さえて開放されますが押さえなくてもコネクターをこじって外せます。

最初30分やってもコネクターは外せなく、結局防水カバーをめくってバルブを固定している針金ピンを開放して、バルブとコネクターと防水カバーごと後ろに外してコネクターをこじって外しました。

狭いので手の甲が血だらけになります。

写真では青いですが実際は白です。

400X テールライトのLED化

いつものようにLEDにします。

テールランプはGSR250で使っていたLEDが使えました。

正式な型式はS25  BAY15D  ピン角180° です。

テールランプの電球はナンバーの裏側のパネルを外してアクセスします。

パネルは結構硬いです。

ナンバー灯はT10のウェッジ球です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR